あなたの今の勉強方で合格率がわずか1桁の 行政書士試験に受かる自信がありますか?

「私はあなたに謝ってほしいわけじゃない。結果を出してほしいの・・・。」


当時、勤めていた会社を退職し、行政書士試験に専念していた
私の状況といえば、散々たるものでした。


なけなしのお金をはたいて大手資格スクールに通っているものの、
思うように勉強がはかどらず、気持ちは焦る一方・・・・。


「勉強に専念するためにサラリーマンを辞めて一発合格する」と
周囲に宣言した以上、そこで失敗するわけにはいかなかったのです。


20代後半でキャリアの無い私には行政書士資格という国家資格を取得し、
再生を図るしか人生の選択肢はありませんでした。


私は朝9時から深夜0時過ぎまで毎日、毎日死ぬ気で勉強していました。
行政書士試験合格までに必要とされる勉強時間をはるかに超えて
いたでしょう。


残念ながら当時の私には
「わずか147日で行政書士試験に一発合格する方法」
があるなんて、知らなかったのです。


だから私は必死でした。「死に物狂い」とは、まさに
このときの私のことでしょう。


法律と無縁の学校を卒業し、法律と無縁の仕事をしていた私にとって、
行政書士の試験勉強はまるで外国語の勉強でした。


なぜなら、1行読み進めるたびに、必ず分からない専門用語が
ゴロゴロと出てくるのですから・・・。


それでも、挫折しそうな自分を励まし続け、基本書を丁寧に読み込み、
ノートを作成していました。


手を動かし、声に出しながら何度も何度も基本書を読み込みました。
もちろん、単語帳も作りました。基本書はボロボロになり、手垢まみれに
なったくらいです。


私がどれくらい死ぬ気で取り組んでいたかあなたもお分かりでしょう。


それにも関わらず、


「ダメだ。さっき勉強したのに、もう忘れている。
難しい専門用語も、全く頭に入ってこない。これじゃ、
いつまで経っても過去問が解けるレベルに到達しないじゃないか・・・」


毎日がこの連続でした。


机に向かい、基本書を開き、ノートを取りながら勉強を進める。


それを毎日朝の9時から深夜まで気が狂ったように続けていれば、
当然、実力が合格圏内に入っていいはずです。





ところが、結果は見るに無残でした。




模擬試験を受ければ受けるほど得点は下がり続け、とうとう、
最後の模擬試験では合格圏外へと落ちてしまったのです。


このときの絶望感は今でも忘れられません。
「目の前が真っ暗になる」とは、まさにこのことです。


「これじゃ何年頑張っても受かるはずがない」
とすら思えてきました。


仕事も無い、職歴も無い、次の仕事に活かせるような資格すらない。
そんな私に追い討ちをかけるように自宅に帰れば両親が言いました。


母:「もし、これで受からなかったら来年はどうするつもりなの?」


父:「同級生はみんな家庭を築いて子供までいるじゃないか。
   お前はいつまでそんなことをしているつもりなんだ?」と。

それどころか、
「前の会社の社長に土下座して、また雇ってもらえ!」
「お前は頭がおかしい!」
「これ以上、親に迷惑をかけるなら家から出て行け!」
とまで言われていました。

それでも肩身の狭い思いを振り切るように
自分に言い聞かせて勉強に取り組みました。


「一発で受かれば誰も文句は言わないはずだ。」
「一発で合格して家族や友達との楽しい生活を取り戻すんだ。」
「合格したら1日も早く開業して、専門家として活躍するんだ。」


そんな意地だけで勉強に専念してきたにも関わらず、最後の模擬試験、
しかも直前期に入ったときの私の実力は無残にも「合格圏外」だったのです。


自分の不甲斐なさに思わず当時付き合っていた彼女に言いました。



「今はこんな状況でごめん・・・」と。
そして、言われたのが、冒頭の言葉です。



「私はあなたに謝ってほしいわけじゃない。結果を出してほしいの・・・。」



このときは本当に辛かったです。サラリーマンを辞めた自分を恨みました。
なぜ終わりの無い受験地獄に足を踏み入れてしまったのか?
いつまでこの終わりの無いトンネルの中を歩き続けなければならないのか?
そう思うと、サラリーマンを辞めた自分を悔やんでも悔やみきれませんでした。


当時、
「わずか147日で行政書士試験に一発合格する方法」


があるなんて、知らなかった私は、ついにこんなことまで考えるように
なっていきました。


「こんなに死ぬ気で勉強しているんだ。
これで受からなかったらあきらめよう。

そして来年またサラリーマンに戻ろう。
いいじゃないか、別に行政書士になるだけが
人生の全てではない。

そうだ、これでダメなら、止めてしまえばいいんだ。」


そう心に決めるようになったのです。


結論を言うと、私はこの試験に辛くも受かりました。


ここ数年の行政書士 試験は難関試験と言わざるを得ません。
司法書士試験並みの難易度になりつつあります。
もはや、まぐれでは絶対に受かりません。


毎日、意味の分からない専門用語ばかりの基本書を頭からコツコツと勉強する。
そして、次の章に進む頃に振り返って過去問を解いてみる。
しかし、勉強したばかりにも関わらず、すでに半分以上忘れている・・・


このような状況で果たして3年も4年も勉強し続けることが可能でしょうか?
死ぬ気で何年も頑張り続けることが出来るでしょうか?


実際に私は6月に会社を辞めてから本格的に勉強しましたが、試験当日まで
5ヶ月程度です。それでも苦しかったです。まして何年も続けられるとは到底
思えませんでした。


もしかして今のあなたも同じような気持ちではありませんか?


ところが、こんな私の勉強方法を根底から覆す人物がいたのです。


申し遅れました。


行政書士の坂庭つとむと申します。
今でこそ、行政書士としてバリバリ稼いでいますが、
私は先ほどご紹介したとおり、毎日死ぬ気で勉強して、辛くも一発合格を果たしました。


極端な話、「これくらい死に物狂いで勉強しなければ、一発合格なんて
不可能なんじゃない?」と思っていた1人です。あなたも行政書士 試験の
過去問を解いて、同じように思ったことはありませんか?


しかし、私の知人の行政書士に石井浩一という者がいます。



私は彼の勉強法を聞いて、自分の耳を疑わざるを得ませんでした。


彼の勉強法は、他の受験生を圧倒的に突き放してしまうくらい、
恐ろしく効率の良いノウハウだったのです。


なぜなら残業サラリーマンにも関わらず、
「わずか147日の勉強で行政書士に一発合格」してしまったのですから・・・。

インフォカートと無料ブログで稼ぐ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。