さて、ここから重要なお話に入ります。 まったくもって意味がありません!

彼は朝8時半から夜11時まで会社で勤務していました。
1日の労働時間が14時間半の残業サラリーマンですので、
平日の勉強時間がたった2時間です。


誤解しないでください。


この2時間は「机に向かって勉強した時間」
ではありません。「ほとんどは移動中などの隙間時間」です。



しかし、ラクラクと行政書士試験に一発合格してしまいました。


「どうせ何年も受験したんでしょ?」
いいえ、一発合格です。日数にすると147日です。

「きっと有名な資格スクールに通っていたんでしょ?」

いいえ、全くの独学です。

「な〜んだ、じゃあ、法学部出身か法律事務所に勤めていたんでしょ?」

いいえ、彼は文学部出身で日本文学を専攻していました。
仕事も、一般企業の営業です。もちろん法律とは縁もゆかりもありません。



ここだけの話ですが、彼は「憲法って法律なんですか?」と
いうレベルからのスタートでした。



おそらく今のあなたより、はるか後方からのスタートだったでしょう。
あなたは信じられますか?


「しかも、移動中などの隙間時間が中心で、家で机に向かっての勉強はほとんどない」


私が彼からこのノウハウを初めて聞いたとき、
正直、鳥肌が立つくらい、驚きました。


「あっ!○○○を使って勉強していたのか!!」と。


彼はあることを実践することによって、隙間時間を効果的に活用し、
勉強時間を大幅に短縮させていたのです。


この勉強法なら、法律知識ゼロの初学者でも
わずか147日で一発合格も充分可能です。
インフォカートと無料ブログで稼ぐ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。