単刀直入にお話します。

実は法律の知識が全く無い初学者でも、行政書士試験に
一発合格することは可能です。


事実、私も一発合格していますが、石井浩一も初学者で残業サラリーマンにも
関わらず、わずか147日で一発合格を果たしました。


具体的にお話すると、彼は連日、朝8時半から夜11時まで勤務していました。
帰宅後、遅い晩ご飯を食べてお風呂に入ればすでに午前1〜2時です。
もちろん、次の日は仕事がありますから、あとは寝るだけです。


そのため、机に向かって勉強するほどのまとまった時間など
確保している余裕は全くありません。


平日、勉強に使える時間は隙間時間のたった2時間。
これを有効に活用したのが短期合格の秘訣です。


ここまで読んでいただいたあなたのことですから、
きっと真剣に行政書士 試験の勉強に取り組んでいるのでしょう。
そこで、彼の短期合格の秘訣を1つお教えします。


そうです、隙間時間を上手に使ったのです。


聞こえます。今、あなたの心の声が私にはハッキリと聞こえます。

「片手間に細切れの時間を使って勉強したって気休めにしかならないよ」
「隙間時間を活用したって、決して合格できるレベルになれるはずがないじゃないか」
「それに、隙間時間を使ったところで、勉強に集中なんてできないよ」


そう思っていませんか?


確かに私も最初はそう思いました。しかし、毎日、朝8時半から夜11時まで
会社で勤務していれば机に向かう、まとまった勉強時間が確保できるでしょうか?


いいえ。現実的に不可能です。


短期間で一発合格するには、隙間時間を効率よく使うしかないのです。
1日に与えられている時間は24時間です。時間だけは誰にでも平等です。
これはどうあがいても、曲げることが出来ない事実でしょう。


もちろん、隙間時間に基本書を最初から丁寧に1ページずつ頭から
こなして勉強しても以前の私と同じで、全く進みません。これは実証済みです。


だから、挫折してしまうのです。


そして、また自分を奮い立たせて基本書を開いても、「昨日勉強したのに、
半分以上忘れている。」「難しい専門用語ばかりで、インプットすら出来ない」
「いつまで経っても過去問を解けるレベルに達しない」

これが受験地獄に陥る最大にして唯一の理由なのです。

ところが、この隙間時間を攻略することで誰にでも簡単に
合格圏内に入ることが可能なのです。

わずか、147日という短期間で行政書士試験に合格することが
あなたにも充分可能なのです。

インフォカートと無料ブログで稼ぐ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。