ここで興味深いお話をしましょう。

99%の受験生が陥っている重大なミスとは?

私たちは過去3年を通じて、受験生をメールサポートという形で徹底的に
アドバイスをしてきましたが、その中には2回以上の受験生や、
すでにスクールに通っている方、そして、通信教育などの教材を購入している方が
想像以上に多くいらっしゃいました。


ところが、一発合格を果たせずに、受験生活から
抜け出せない方には共通した重大なミスがあったのです。



それは何だと思いますか?


「教材が悪いから?」

いいえ。
市販されている教材は大手スクールが自社の信用と実績を背負って
作成しているため、いずれも非常に良く出来ています。


「受験生の能力が低いから?」



いいえ。
私は常々お話していますが、勉強に才能は必要ありません。
人間誰しも持っている能力はほとんど一緒です。



「受験生の意志が弱いから?」


それも違います。
意志が弱いから挫折し、合格できないのではありません。
誰しも大きな目標を抱え、全力で行政書士試験に臨みます。
そのような方で意志の弱い方は1人もいません。



一発合格を果たせずに、受験生活から抜け出せない方には
共通した重大なミスがあります。


それは
「自分の生活サイクルに勉強時間を上手に組み込めていない」
ということです。


これは私たちが過去3年を通じて、受験生をサポートしてきた中で
大半の方が抱えていた大きな壁だったことが分かりました。


そのため、勉強をスタートさせた最初の2週間くらいまでは、
1日に3時間も4時間もコンスタントに勉強できていたのに、
1ヶ月もすると全く手が止まってしまう。


あるいは、平日には全くテキストを開かずに、週末だけ5時間も6時間も
一気に勉強し、また平日は何も勉強しない。そして、1ヶ月もすると週末すら
テキストを開かなくなってしまう。


どうですか?あなたは身に覚えがありませんか?


1ヶ月も勉強が続かない理由、それはテキストが悪いわけはありません。

もちろん、決してあなたの能力が低いわけでもなければ、
意志が弱いわけでもありません。


1ヶ月も勉強が続かない理由は、
あなたの生活サイクルに上手に勉強時間を
組み込めていないのが一番の原因
なのです。



実際に私たちがサポートした方は専業主婦の方、子育て真っ最中の方、
自営業をしている方、サラリーマンの方、学生の方、フリーターや無職の方など実に様々です。


ところが、スクールや通信などはその授業の内容、テキストは非常に
優れていますが、あなたの生活サイクルまで考慮して作られてはいません。
それを全て画一的に当てはめることに無理があったのです。


子育て真っ最中の主婦が定期的にスクールに通うのは現実的ではありません。
残業サラリーマンでしたら、休日くらいリフレッシュしたいでしょう。
自営業の方も突発的な業務に追われてその日に予定していた通信の勉強が
出来ないことだってあります。


学生であれば、学校の単位や定期試験のための勉強が忙しく、
まとまった勉強が出来ないケースも決して少なくありません。


今現在、就職先を探している方であれば、当面のスキルアップとして
パソコン教室に通う必要もあるでしょうし、履歴書の作成や面接の予定も
あるはずです。


これだけ、様々な生活サイクルの中に難関の国家資格である受験勉強を
取り入れるわけですから、画一的に「スクールに通えばいい」
「通信で進めればいい」というわけにはいかないのが現状なのです。


まして、「意志が弱い」「努力が足りない」と自己嫌悪に陥るのはナンセンスです。


そのことに気づかない受験生が3年、4年、人によっては5年も
6年も、いえ、さらにはそれ以上、貴重な人生を受験勉強だけに
ささげてしまい、受験地獄から抜け出せなくなっているのです。


受験地獄から抜け出せない受験生の99%が、
この重大なミスに陥っているのです。


そうです。

行政書士 試験に短期合格できない理由、それは、
「あなたの生活サイクルに勉強時間を効率よく組み込めていない」のです。



今、そのことに気づけただけでもあなたは他の受験生より、有利になりました。
インフォカートと無料ブログで稼ぐ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。