受験期間が長引けば長引くほど、 合格から遠ざかる負のスパイラルとは? ついてます

あなたがもし2回以上の受験に失敗していましたら、
受験期間が長引けば長引くほど、合格から遠ざかる危険があります。

あなたはこの事実から目を背けることは出来ません。

なぜでしょうか?


あなたは高校受験や大学受験で「浪人生よりも現役生のほうが強い」という
お話を1度は聞いたことがあるでしょう。


これは紛れも無い事実です。私は行政書士 試験は1度しか受験していませんが、
痛感しました。しかも、合格率という目に見える数字で見せ付けられたのです。


それは「暗記に頼るから」です。
現役生は理解しながら勉強を進めますから、インプットとアウトプットを繰り返し、
最終的に実力がピークの時期に試験本番を迎えています。



ところが、受験が2年、3年と長引くと新しくインプットする知識が次第に減りますから、
結果としてアウトプットしているつもりでも単なる暗記に頼っており、
思考能力を高めることが出来ないのです。


過去問を解いていても、すでに解答を覚えていますから、設問のキーワードを
拾い読みして、反射的に選択肢を選んでいることでしょう。


「勉強すればするほど、合格から遠ざかる」のは、これが1番の原因なのです。
合格しない受験生はこの原因に気づかないため、「あと1年勉強すれば、
今度は受かるはず」と思い込んでしまうのです。


ところが、勉強すればするほど、合格から遠ざかっていますから、
何年頑張っても受験地獄から抜け出せないという負のスパイラルに陥ってしまうわけです。


1度この「負のスパイラル」に陥ってしまうと、残念ながら
自力では抜け出すことはなかなか出来ません。


これは非常に苦しいことです。


しかも法律系の資格の場合、短期合格しなければ、
さらに厄介な問題が待ち構えています。


それは「新しい判例の出現や法改正に伴う知識の修正」です。


いくら有名な判例や出題頻度の高い法令を必死に勉強しても新しい
判例が出現したり、法改正があれば、今までの知識を修正しなければ
なりません。


それに加えて、試験委員の入れ替わりによる試験傾向の変化、
難易度の変化に対応するだけの柔軟性が問われます。


これらの問題が負のスパイラルに拍車をかけ、
受験生の心理に大きな負担となっているのは事実です。



だからこそ私は強く言うのです。
「とにかく短期合格を目指してください。」と


また、あなたが今回初めて「行政書士 試験に挑戦したい!」と思いながらも、
初めの一歩を踏み出せずにいるとしたら、冒頭でもお話したように、
下記のような方法で、行政書士の試験勉強を始めようとしているからではないでしょうか?

勉強はまとまった時間を確保して、机に向かう。
まずは基本書を1ページ目から、インプットする。
基本書が一通りインプット出来たら、過去問でアウトプットする。
間違えたところを基本書で勉強しなおす。
時間があったら基本書を2回、3回と最初から読み直す。

どうです?違いますか?


実にオーソドックスな勉強方法ですが、ここには重大な欠陥があります。


なぜなら、この方法ですと帰宅の遅い会社勤めの人や、子育ての主婦、
仕事の都合で生活サイクルが不規則な人は、まとまった時間を確保し、
机に向かうことが1週間のうち、半分も確保できないからです。


そのためインプットに時間がかかり過ぎるので、
ここで多くの受験生が挫折してしまいます。


仮にようやく基本書を一通りこなし、インプットが終わったとしても、
過去問を解く頃には、半分以上の知識が頭から消えている・・・
その結果、受験生はモチベーションを維持できずに、諦めてしまうのです。


「行政書士になるだけが人生の全てではない・・・」と、自分に言い聞かせて。



「じゃぁ、どうしたらいいの?」

ご安心ください。


実は挫折のしようがない、勉強法があるのです。

あなたも今からお話しする2つのノウハウを実践してこの勉強法を身につければ、
効率的にインプットしながらアウトプットを繰り返すことが出来ますので、
147日という短期間でも合格が可能です。
インフォカートと無料ブログで稼ぐ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。