短期合格する受験生のうち、わずか1%だけが コッソリと実践している、2つのノウハウとは? 特典を無料でプレゼント

このページでは短期合格するための
ヒントをご紹介していると冒頭に書きましたが、
それは隙間時間を効率的に活用することです。


特に残業サラリーマンや子育て真っ最中の主婦、あるいは
仕事の都合で生活が不規則な方のように、まとまった勉強時間が
確保できない人は、この隙間時間を攻略しないことには、絶対に合格は出来ません。


事実、わずか147日で一発合格した行政書士の石井浩一は、
隙間時間を攻略することが短期合格の最大の勝因だと位置づけています。


つまり、隙間時間を攻略することが行政書士試験を
短期合格する最大の近道なのです。


誰も教えたがらない重要なポイントなので、もう1度言います。


隙間時間を攻略することこそが、
行政書士試験に短期合格する近道なのです。


ただし、闇雲にテキストを開いただけでは単なる気休めでしかありませんし、
理解が深まることもありません。この隙間時間を彼は徹底的に攻略しました。



この攻略方法を間違えてしまうと、片手間に細切れの時間を使って勉強しても、
気休めにしかなりませんし、とても過去問が解けるレベルには到達出来ません。


もちろん、合格圏内に入ることも不可能です。


まず、
「隙間時間を徹底的に攻略する」、これが1つ目のポイントです。

そして2つ目のポイントは、

「あなたの生活サイクルに受験勉強を上手に組み込むこと」です。

受験勉強を生活サイクルに組み込むことが隙間時間を攻略することに
つながりますから、この2つは短期合格に欠かせない重要なポイントと
言ってもいいでしょう。


隙間時間を攻略すること。
受験勉強をあなたの生活サイクルに組み込むこと。



この2つのポイントをガッチリと押さえ、あることを実践するだけで147日という
短期間に合格するだけの実力を身につけることが可能になります。


これらのノウハウをまとめたのが

「(働きながら)147日で受かった!
残業サラリーマンの行政書士 試験ラクラク勉強法」です。



短期間に一発合格を果たした私たちが、行政書士としての
信用とプライドにかけて渾身の思いを込めて製作しました。


「ラクラク勉強法」ではおもに行政書士 試験に合格するためのあらゆる
ノウハウを伝授していますが、資格試験を目指す人ならどなたにも
活用できる方法になっています。


なぜなら、隙間時間を効率的に活用し、短期間で合格圏内へ
実力を高めることは他の資格試験でも同じだからです。


「ラクラク勉強法」は小手先のテクニックではありません。
あなたの勉強法を根底から覆します。



あまりの手ごたえに、あなたも自分の実力に驚くはずです。


隙間時間を攻略したラクラク勉強法を身につければ、
どのような資格試験にも対応できます。


そのため、ラクラク勉強法で行政書士試験に突破したら、次は、社労士、宅建、FP、中小企業診断士、土地家屋調査士、司法書士などをはじめとした資格のダブルライセンス、トリプルライセンスを目指すことも、充分可能です。


勉強法のノウハウは1度身につけてしまえば、一生の武器になるのです。

次にそのノウハウの一部をご紹介します。
インフォカートと無料ブログで稼ぐ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。